« 2010年4月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

初めてのスペイン旅行Part4

いよいよスペインの旅も終りに近づき・・・
さ、さみしい
ミハスの帰りにフエンヒローラの海岸によってみた。

Photo

もう、そこは南国ビーチ!
太陽がまぶしいゼ
水着を持ってきていればと、後悔しきり。
奥さんは、足だけつかって楽しんでました。
後ろ姿だけ、奔放、いや本邦初公開。

Photo_2

次の日は、午前中だけ、マラガの街を探索。
結構、南国ムードの街です。

Photo_3

そして、マドリッドに戻って、翌日の早朝4時には、ホテルを出発しました。
その時に乗ったタクシーでちょっとしたアクシデントもありましたが・・・
居眠りをして、コーンにぶつかりそうになった。
そのあと、口笛を吹いて、ごまかした運転手もなんと古典的な・・・

飛行機を乗り継いで、日本についた時には、もうグッタリ。

フランクフルトのラウンジで、「ホットコーフィー、two!」と行ったのに、店員に
「ハァ~ッ???」と聞き返されたことなど、すっかりと記憶から飛んでしまいました。

Photo_4

いずれにしても、スペインは良かったですよ~。
機会があれば、また行ってみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めてのスペイン旅行!PART3

マドリッドの次は、列車でグラナダへ。
ここも暑い~
さすが、アンダルシア地方
最高40℃まで到達
日陰に入って、何とか凌ぐ!
シエスタ(昼寝)がなぜあるのか、わかるような気がする・・・
町の中も、道路の上に日よけがはってありました。
これは、さすがに日本では見たことない。
家の高さも同じくらいでないと張れないし。

Photo

でも、さすがスペイン。オシャレです。
休憩のために入ったバルには、ハモンセラーが・・・
うまそう~~

Photo_2

スーパーなら1本8000円くらいで、買えてしまう。
買って帰りたい。税関で「足です!!」とごまかすことができないかと真剣に考えてしまいました。
店によっては、カウンターの端から端までたくさんぶら下がっているところもあります。
そして、タパス。

Photo_3

ビールジョッキにタパスがついて、200円くらいだったかな。
観光地と違って安い~。
毎日通いたい。
次の日は、グラナダを訪れた大本命「アルハンブラ宮殿」です。
入れないことが多いと聞いたので、日本からネットで予約していきました(奥さんが
イスラム教の影響を受けた建物は初めて見たので、全てが新鮮。
細かい細工や豪華さにため息
日本では無理だな~とスケールの違いに落胆
では一部を紹介。

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

4枚目は、アルハンブラから見たグラナダの街です。
見終わった後は、バスでマラガに移動するのですが、その前にランチをとろうということで、アラブの雰囲気も十分に漂う街の中で、ケバブの店を発見
さっそく私はライスケバブをオーダー。
あの回転する肉から、削り落した肉がライスの上にたっぷり。
けっこうおいしいです。

Photo_8

ランチの時間にはちょっと早かったのですが、ちょっと時間を早めて、お店の方が出してくれました。
スペインのランチは、始まるのが遅くて普通は13:30から。
日本人は、ちょっとあくせく働きすぎだな~と思うことの多い旅でした。
次は、マラガ~ミハス編です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めてのスペイン旅行!PART2

バルセロナの次はマドリッドを訪れたのですが、その時の移動は、スペインの新幹線AVE

Ave

切符を買うのに苦労しましたが、(奥さんが)、ちょっと嬉しい。
バルセロナ-マドリッド間を3時間くらいで結んでしまいます。
最高速度は、速度表示版では時速300kmは出ていたみたいです。
イヤホンが無料で配られて、映画も鑑賞できます。

マドリッドのアトーチャ駅に着いた瞬間、「暑い
35℃はあったみたいです。
この暑さに耐えられるかと不安に思いながら、夕方から町を探索。
警察官が町のいたるところに配置されていました。
治安が悪いとは聞いていましたが、こんなに警察官がいなきゃだめなんだというくらいプエルタ・デル・ソルの広場には、たくさんいました。
マドリッドは、あまり長い日数はいないので、ソフィア王妃芸術センター、ティッセン・ボルネミッサ美術館、プラド美術館などを見て回り、さらには、マヨール広場、サン・ミゲル市場なども見て回りまくりました。
ピカソの「ゲルニカ」を見たときには、ちょっと感動
そのほかにも思う存分美術作品を見て回りましたよ。
プラド美術館の中には、レストランカフェみたいなところがあって、そこで休憩。

Photo

意外とおいしい。

それと奥さんが「マッシュルームの鉄板焼き」が食べた~~いということだったので、チャンピニオンというお店で、いただいちゃいましたよ。

Photo_2

でも日本人も相当訪れるらしく、看板に日本語が・・・

Photo_3

最初は、マツコルームと読んでしまいました。
でも、マッシュルームは、絶品!

Photo_4

クロケッタという生ハム、タラなどが入ったクリームコロッケもおいしかった。

Photo_5

バルセロナでも乗ったけど、地下鉄は意外と何とか乗れました。
すごく治安が悪いとは聞いていたので、常にまわりをジロジロとみつめ、雰囲気の悪そうなおじさんにも、ガン見
日本人をなめるなよ!というくらいの意気込みで、オーラを放っていたつもりです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めてのスペイン旅行!PART1

この夏に新婚旅行ということで、スペインに行ってきました。
ツアー会社に申し込むのではなく、航空券やホテルの宿泊予約など、自分たちで計画を立てて、スペインをまわってきましたよ~。
一部だけど、紹介しちゃいます。

まず最初に訪れたのは、バルセロナ~
いい天気だ~
さすが太陽の国。
気温は、30℃を超えたくらいだったのかな。
でも、湿度が低いので、全然不快じゃない。

まずは、カタルーニャ美術館。
せっかく歩いて行ったけど、月曜日は休館でした

Photo

それから気を取り直して、カサ・ミラ

Photo_2

建物の中も見学できるけど、屋上からの風景です。

そして、何といっても、サクラダ・ファミリア

Photo_3

やっぱり、工事してました。
でも、中に入って、塔の上までエレベーターに乗って歩いて降りてきましたよ。
ちょっと外に出られるところがあって、めっちゃビビった
でも、すごい建物です。日本人にはちょっと無理・・・

ガウディーシリーズということで、グエル公園

Photo_4

ものすごい人出でした。
観光地というのは、スペインくらいの人が来て、観光地というんですね。
日本は、話になりません。

モンジュイックの丘から、見たバルセロナの町。

Photo_5

遠くにサクラダファミリアが見えます。

バルセロナには、3日間滞在したので、他にもミロ美術館や、ダリ美術館、カテドラル、カタルーニャ音楽堂、バル、市場、などたくさん見てきましたよ。

ランブラス通り沿いをもうちょっと探索したかったのですが、あと1日必要でしたね。
通りにいた大道芸人?のお二人。

Photo_6

バルセロナはとってもいい街です。また、行きたいです。
どの場所に行っても、観光客がわんさかあふれてますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの更新!

かなり長い間更新していませんでした。
忙しかったり、スペインに旅行にいったりと・・・

私のホームレストランである「麺つるつる亭」(函館市美原2丁目5番6号TEL0138-47-5455 木曜日定休) について、お知らせしましょう!
更新しない間、通っていなかったわけではなく、週2~3回ペースで通っておりました。ハハ・・・
8月13日(金)~8月25日(水)までの期間限定メニューはこれだ!

P1040666

私の大好きな「Rosso#16」
牛骨スープとパスタのような太麺の組み合わせがたまりません。
魚ダシのおいしい「麺つるつる亭」ですが、このラーメンもおいしいです。
(麺がとてもおいしい~

おいしいお店は、必ずそうですがここの店主もラーメン作りに対するこだわりは、なかなかたいしたものです。
麺をゆでる時は、かごに入れるのではなく、大きな鍋に麺をドバッと入れて、金網で1玉位ずつすくいとって、どんぶりにいれます。これ結構難しいらしい。麺をお湯の中で踊らせて、茹でムラがないようにするためだそうです。だから、一度にたくさんの麺を茹でることはできません。
どんぶりをお湯で温めてから、スープを注いでいるし。
チャーシューも注文を受けてから、必要な枚数を切ってラーメンに入れています。

つまりお客さんに一番いい状態でラーメンを出せるように、心がけているんです。

「化学調味料を使わず、どうやって素材のおいしさを引き出すか」ということをモットーに頑張ってるみたいです。

この前、お店に行ったら、旭川から親子4人のお客さんが来ていて、食べながら、「このラーメンおいしい!」と言っていました。
高校生の男の子は「このチャーハン、めっちゃ旨い!」と大喜びしながら、食べてましたよ!

P1040660

普通のチャーハンもおいしいですけどね。

このお店で食べたラーメンの味が忘れられず、札幌などの遠いところからも函館に来るたびに、食べに来ているお客さんも多いみたいです。

お客さんは、常連さんが多いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年9月 »